Tababuia speciosa: ブラジルの国木

タバブイア スペシオサ ブラジルの国木

El タバブイア スペシオサ リオデジャネイロの山の斜面で大きな存在感を放つ中型の木です。その花はブラジルの国花と考えられているため、ブラジル文化の中で特に重要です。

この木はブラジルではイペとして知られており、花に加えて、水や火にさえも優れた耐性を示す木の品質でも高く評価されています。

タバブイア・スペシオサの起源と生息地

タバブイア・スペシオサの起源と生息地

トランペット ツリーまたはパウ ダルコとも呼ばれるこの木は、南米、特にブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア原産の木です。 熱帯および亜熱帯地域に生育します。

暖かく湿った環境で生息する種なので、熱帯や亜熱帯の森林、ジャングルとサバンナの移行地帯でもよく見られます。。水はけの良い土壌があり、毎日長時間光が当たる場所。

この木の物理的特徴

イペを識別するのに役立つ特徴は次のとおりです。

  • 高さ。 中型から大型の木で、高さ30メートルに達するものもあります。
  • トランク。 幹はまっすぐな円筒形で、直径は1メートルにも達します。樹皮は灰色がかった色から明るい茶色をしており、質感は粗いです。そこには、木の老化に伴って現れる亀裂が見られます。
  • ラマス。 それらは主幹から始まり、水平またはわずかに上向きに成長し、広い構造を作ります。木が成長するにつれて、主枝から二次、三次枝が現れて成長します。
  • 紅葉。 タバブイア スペシオサは、鋸歯状の縁を持つ落葉樹です。葉は対生し、複葉で掌状で、5~7枚の楕円形または倒卵形の小葉があります。色は上側が濃い緑色、下側が明るい緑色です。
  • 花。 この木で最も印象的なのは花です。奇妙なトランペットの形をしており、品種に応じてピンク、ライラック、白、黄色になります。それらは美しい視覚効果を生み出す末端の花束として現れます。花の色を楽しむためにいつ咲くのかというと、気象条件にもよりますが、春から初夏にかけて行われることが多いです。
  • 果物。 花が終わると、長さ15~30センチほどの細長い蒴果の形をした果実ができ、その蒴果の中に翼のある種子が多数入っており、風によって飛散します。計画作物を行う場合、播種時期は気象条件によって異なりますが、暖かい環境で種子が発芽できるよう、梅雨の初めや春に播種するのが理想的です。

タバブイア スペシオサの花がブラジルの国花とみなされるのはなぜですか?

タバブイア スペシオサの花がブラジルの国花とみなされるのはなぜですか?

イペはブラジルの国花とみなされていますが、その理由は次のとおりです。

美しさと壮観さ

この木の花は大きくて派手で色鮮やかで形も美しいです。開花期には、 これらの木々は、誰もが無関心になるような風景を作り出しています。

豊富

ブラジル原産の種で、 国内の多くの地域で自生し、栽培されています。 その地理的に広大な存在が、その文化的、象徴的な重要性に貢献しています。

抵抗力と適応力

Tababuia speciosa は、さまざまな種類の土壌によく適応し、さまざまな気候条件で生き残ることができる、丈夫で耐性のある木です。これにより、 ブラジル国民の強さと抵抗の象徴。

文化的意義

イペの花はブラジル文化に深く根ざしています。それは文学や音楽で語られており、芸術にも非常に多く存在しています。 それはこの国の自然の美しさと多様性の象徴です。

タバブイア・スペシオサ材の重要性

この木の木材は市場で高く評価されており、 なぜなら、それをユニークなものにするいくつかの特徴があるからです。

耐久性

非常に耐久性の高い木材であり、腐朽、昆虫、菌類に対する耐性が非常に高いです。この自然な耐久性により、 外装用途に最適な素材 そして悪天候下でも。

密度

イペ材は非常に緻密で耐久性に優れています。そのため、強度と構造的安定性が必要な用途に最適です。 ドック、橋、テラス、床の建設など。

耐摩耗性

タバブイア スペシオサ材は、密度が高く硬度が高いため、磨耗、磨耗、衝撃に対して非常に耐性があります。したがって、それは非常に 手すりや交通量の多い床など、常に使用される要素に使用されます。

見た目の美しさ

物理的、機械的性質に加えて、自然の美しさも際立っています。特徴的な色をしていますが、 黄金色から濃い茶色まであり、 魅力的な縞模様の木目がエレガントで洗練された外観を与えます。

耐湿性

この木材は現存する木材の中で最も湿気に強いものの一つです。吸水性が非常に低く、寸法安定性が高いためです。これが彼女を 外装被覆用途に適しています。 プールとボートのカバー。

サステナビリティ

イペ材はさまざまな用途に使用されるため、近年その需要が増加しています。ただし、タバブイア スペシオサは絶滅危惧種ではなく、その開発は通常、持続可能な方法で管理されています。

このように、 これらの木の栽培と活用は地域経済に貢献し、 この種が自生する森林の保全にも貢献します。

タバブイア・スペシオサは園芸や造園の分野で高く評価されている木ですが、その木材の質の良さから商品価値も高いです。。自然の生息地において非常に重要な種であることを忘れずに、 その生態学的価値と、さまざまな動物種にとってどれほど有用であるかについて。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。